前へ
次へ

子供の虫歯には要注意しよう

歯は一生ものです。
なので、定期的に歯医者に行き、メンテナンスをすることが大事です。
近年では、乳歯の頃から、歯医者にしっかりと通う家庭は少なくありません。
永久歯に生え変わる前の乳歯の時期から強い歯を育てることが重要です。
歯医者では、虫歯を防ぐために、定期的にフッ素コートをしたり、歯磨きの練習をさせてくれます。
虫歯になっていなくても、予防で通うことが大事です。
万が一、虫歯になってしまっても、早期に気付けば最小の治療で防げます。
乳歯のうちから虫歯が神経に達してしまってはかわいそうです。
親がしっかり子供の歯を見てあげなければいけません。
なので、家庭での仕上げ磨きは、子供がある程度の大きさになるまではやってあげることが大事です。
また、いくや歯磨きを頑張っても、砂糖のたくさん入った甘いお菓子をたくさん食べ続けると、口内環境を悪くしてしまいます。
栄養バランスのとれた食事を心がけてあげることも親の責任です。

Page Top