前へ
次へ

虫歯の原因と予防と治療

虫歯とは、酸が歯を溶かすことによる病気です。
のことです。
最も関係するのは砂糖です。
原因となる細菌は砂糖と反応して歯垢が発生し、それが酸に変化して歯が溶かされます。
初期で歯の石灰質だけが溶けた場合は再石灰化と言う作用で自然と治る場合がありますが、進行してしまった場合には自然に治ることはありません。
その進行を放っておくと悪化して最後には歯の根だけになり、やがて歯を失うことになります。
予防方法としては、口の中に虫歯の原因となる酸がつくられるまでに、うがいや歯磨きなどをすることです。
毎日のうがいや歯磨きだけでなく、歯科医院で定期的に検診を受けることが重要です。
歯の根の中は神経や血管などが入っていますが、この神経や血管に細菌が入り込んで炎症を起こします。
治療方法はこのダメージをうけた神経を取り、根の中をきれいに処置します。
神経を取ったあと、そこに詰め物をします。
しかし、神経を取ってしまうので、さらにその部分が虫歯になった場合、痛みを感知できず、また血管もなくなった結果、歯が栄養不足となり、歯自体も弱くなります。
その結果、虫歯が進行しても気づかずに歯を抜かざるを得ないことになりかねません。
こうした事態にならないためにも定期的な検診が必要です。

Page Top