前へ
次へ

虫歯の予防ケアをしましょう

昔に比べると現代の子どもは虫歯の罹患率が大きく低下しているといわれます。
その理由はオーラルケアの指導が徹底されるようになり、保護者の意識が高まったおかげで、虫歯にかかる子どもが減ったことが挙げられます。
原因であるミュータンス菌は、もともと赤ちゃんの口腔にはいませんが、大人から菌をうつされることがきっかけで虫歯になりやすい歯になってしまうのです。
食べ物の口移しや箸の使いまわしがミュータンス菌をうつす原因になるので、保護者は赤ちゃんの歯を守るために食べ物を与える際には注意が必要です。
子どもの頃にミュータンス菌が定着しなければ、一生健康な歯が保たれるともいわれます。
ミュータンス菌が歯をむしばむのを予防するためには、正しいブラッシングでエサとなる食べ物のカス汚れを落とすことが大切です。
歯ブラシの正しい使いかたは大人でも身についていないことが多く、歯科を受診する際にブラッシングの指導をうけることがのぞましいです。
歯の健康を守るには、歯が痛くなってから受診するのではなく、予防歯科の領域として日頃からオーラルケアを重視することがのぞまれます。

Page Top