ベースブレッドの口コミ・評判はどう?5種類を実食した感想をレビュー

筋トレやダイエット、食事改善のために完全栄養食を取り入れたいという人も多いはず。

プロテインっぽいドリンクタイプの完全栄養食が苦手……

手軽に食べられる完全栄養食は?

そこでおすすめなのが、ベースフードから出ている完全栄養パン「ベースブレッド」。

本記事では、ベースブレッドについて特徴から口コミ評判までくわしく紹介します。

完全栄養食やベースブレッドが気になっている人はぜひ参考にしてください。

目次

ベースブレッドの特徴

まずはベースブレッドの特徴を紹介します。

必要な栄養素が簡単に摂れる完全栄養食

画像引用:ベースフード公式

ベースブレッドは、一食で必要な栄養素が摂取できる、完全栄養食です。

完全栄養食とは

厚生労働省が年齢や性別ごとに定めた、「日本人の食事摂取基準」に示された必須栄養素を満たしている食品
健康を維持するための必要な栄養素がすべて含まれている

公式サイトではパスタやクッキーも用意されており、置き換えダイエットや間食など目的に合わせた栄養補給ができます。

26種のビタミン&ミネラル、13.5gのたんぱく質(一袋あたり)、食物繊維など
糖質約30%OFF (※4 日本食品標準成分表2015年版(七訂)より、同量のロールパンとの比較)

調理の手間がないので手軽にさっと食べられる点も人気の理由ですね。

忙しい朝にも◎

コスパがよい

一袋180円〜、公式サイトの定期購入なら156円〜とコンビニやスーパーのパンとほぼ変わらないお値段。

菓子パンや食パンからは摂れない栄養素も、ベースブレッドで補給可能!

満腹感も高く、コスパが良いといえます。

ベースブレッドの料金

人気の味の料金は、下記のとおり。

スクロールできます
一袋あたり(税込)チョコレートプレーンカレー
継続コース184円175円202円
1回のみ購入205円195円225円
店頭価格
248円237円270円
ベースブレッドの料金

さらに、公式サイトの定期購入(継続コース)なら商品価格が初回20%OFFとなり、さらにBASE Cookiesココナッツ1袋の無料プレゼントがついています。

二回目以降もずっと10%オフで購入できる!

賞味期限が長く、種類が豊富で飽きない

画像引用:ベースフード公式

市販の菓子パンだと賞味期限が短く保存できないのがデメリット。

一方、ベースブレッドは賞味期限が約1ヶ月あるのでまとめ買いして常温保存ができます。

一人暮らしにもおすすめ!

種類も、ミニ食パンのほかに「プレーン」「チョコレート」「メープル」「シナモン」「カレー」の全6種類。

そのままはもちろん、オリジナルでアレンジ調理することもでき、飽きずに続けられます。

ベースブレッドを全5種類を実際に食べてみた感想

ベースブレッドを実際に食べてみたのでレビューします。

ベースブレッドの注文方法・送料

画像引用:ベースフード公式

今回、公式サイトよりベースブレッドを注文しました。

初めて注文するときは、「スタートセット」より初回20%オフ価格で買えます。

7,000円以上の注文で送料無料!

クッキー、パスタが不要な人はパンのみのセットを注文できます。

腹持ちは?ベースブレッドを実食した感想

パンだけだとすぐにお腹が空かないかな?と思いましたが腹持ちの良さも◎

味は、どれもやや薄めの味です。

ジャムやクリームチーズをディップしたり、アレンジしながら食べると続けやすいと感じました。

とろけるチーズを乗せてもおいしい!

ミニ食パン・プレーン

手のひらサイズの食パンが一袋に2枚入っています。

トーストしてチーズやジャムを乗せるとおいしい!

食パンアレンジもできるので、朝食に重宝しますよ!

シナモン

シナモンは、長方形のパンが2つ入っています。

そのままでもシナモンの香りで満足度が高いですが、クリームチーズを乗せて味変してみました。

あっさりしすぎず、しっかりめの味がほしいときに選びたくなります。

メープル

シナモンと同じく、メープルも長方形のパン。

今回、トースターで温めてメープルシロップさらに足してみました。

優しいメープルの味が濃厚になり、おやつとして罪悪感なく食べられます。

袋を開けた瞬間からメープルの香りに癒やされる!

チョコレート

チョコレートは、丸いデニッシュタイプ。

全粒粉のつぶつぶが食感のアクセントとなり、朝ごはんや間食にも◎

やわらかめの食感にくわえ、チョコレートの味もしっかりするのでアレンジするよりもそのままでも味を楽しめます。

カレー

パンの中にカレーペーストが入っており、ランチ代わりやおかずと合わせて食べると相性バツグン。

辛さもマイルドなので、辛いのが苦手という人にも安心です。

レンジでチンするとよりカレーの風味が増して満足度の高い味!

ベースブレッド(ミニ食パン・プレーン)のアレンジレシピ

ミニ食パンは、バターやジャム、はちみつをかけて食べるのがおすすめです。

ほかにもアレンジは無限大で、サンドイッチにして豪華にプレートランチも作れちゃいます。

ベースブレッドをオーブントースターであたため、目玉焼きと市販のハンバーグ、レタスを挟むだけで簡単にバーガーサンドがつくれました。

材料は下記のとおり。

難しい調理なしなので、時間がないときでもサッとつくれます。

ベースブレッドの「ミニ食パン・プレーン」は手のひらサイズなので市販の食パンよりも小さめ。

具材をサンドするにはちょうどいいサイズ感です。

ベースブレッドのアレンジレシピは、公式サイトや公式Instagramでも多数公開されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

実食してわかった、ベースブレッドのメリット

実際に食べてみてわかったメリットは、とにかく手軽ということ。

届いてから賞味期限が1ヶ月あるので保存もでき、必要なときにその都度パンを買う必要がありません。

忙しい朝も栄養が考えられた食事がかんたんに取れるだけではなく、「ちょっとバッグに入れておこう!」と、いつでも気軽に持ち歩ける点も◎

自宅に常備しておきたい!

ベースブレッドの口コミ・評判

ベースブレッドの口コミ・評判をSNSから調査しました。

良い口コミ・評判

完全栄養食というと、本当においしいのか半信半疑の人も多いですが、口コミ・評判でも味の評価が高かったです。

置き換えダイエットにもベースブレッドを活用できるというメリットも散見しました。

ほかには、手軽に食べられるという点も人気の理由といえます。

悪い口コミ・評判

悪い口コミ・評判はほとんど見つかりませんでした。

ただ、味によっては口に合わない人もいるようです。

いくつか試してみて、自分に合う味を見つけましょう。

ベースブレッドとその他の完全栄養食を比較

ベースブレッドとその他の完全栄養食を比較一覧表にまとめました。

スクロールできます

ベースブレッド

ベースクッキー

ベースパスタ

完全メシ

ufit完全栄養食

huel powder

イートハック

gocln

COMP Powder TB

ZENB
特徴一食置き換えに、完全栄養食初心者におすすめ間食としても食べやすい、味の種類も豊富糖質制限食としてはおいしく食べられる栄養だけではなく、満足度が高い抹茶ラテ感覚で手軽に栄養摂取できるグルテンフリー、トランス脂肪酸フリーだが、味がいまいちプロテインが苦手は人でも甘すぎず飲みやすいオーガニックまたは自然由来の安心・安全原料を厳選味気ないため、プロテイン感覚で飲むのがおすすめ豆100%のヌードルなので、ダイエットにも最適
グルテンフリー
糖質の種類還元水飴還元水飴還元水飴果糖ぶどう糖液糖,甘味料(スムージー)マルトデキストリンマルトデキストリン,甘味料(スクラロース)甘味料(ステビア)甘味料(ステビア)デキストリン
一食あたりのカロリー205kcal160kcal375kcal471kcal(カレー)152kcal(グリーンスムージー)198.1kcal400kcal78kcal202kcal400kcal261kcal
購入購入購入購入購入購入購入購入購入購入
完全栄養食の比較

ベースブレッドのよくある質問

ベースブレッドのよくある質問について回答します。

ベースブレッドはどこで買える?

ベースブレッドは、公式サイトだけではなくファミマなどのコンビニでも取り扱いがあります。

公式サイトからセットを買う前に、まずは一食試したいという人も気軽に買うことができます。

Amazonでも販売されているので、手軽に買いたいという人は試してみてください。

ベースブレッドは痩せない・身体に悪いって本当?

ダイエット目的でベースブレッドを試す人も多いはず。

ベースブレッドは、完全栄養食として置き換えダイエットにも使えますが、ベースブレッドだけでは痩せません。

きちんと食事を摂りながら運動をし、ダイエットのサポートとしてベースブレッドを活用しましょう。

ベースブレッドの美味しい食べ方は?

加熱しなくても問題ないですが、温めるとよりおいしくなります。

外はカリっと、中はふわっとがお好みならオーブントースター、全体的にふわっと感がお好きなら電子レンジで加熱するのがおすすめ。

ほかにも、ベースフードの公式サイトや公式Instagramではベースブレッドのアレンジレシピが多数掲載されているので、そちらもチェックしてみましょう。

「継続コース」の解約方法が知りたい

公式サイトから「継続コース」は、1回目お届け以降いつでもマイページより内容変更、解約が可能です。

お手続きがない場合は4週間ごとに自宅まで届きます。

公式サイトからの購入は「継続コース」を選んでいる場合の解約方法は下記のとおり。

解約

画像引用:ベースフード公式

マイページ上で、継続コース注文内容にあるすべての商品の袋数を「0」にして内容を【変更を保存】を押下します。

次ページにて、マイページの案内やクーポンプレゼントの案内がありますが、ページ最後の【解約する】を押下します。

画像引用:ベースフード公式

解約すると、マイページの【配送予定の継続コース】にお届け予定日が表示されなくなります。

解約してもマイページから都度購入等できるので、またベースブレッドを始めたいなと思ったらいつでも注文ができます。

変更・スキップ

画像引用:ベースフード公式

配送日を変更・スキップしたい場合は、【配送予定の継続コース】のお届け日部分をタップして変更することができます。

解約、お届け変更の期限は下記のとおり。

  • 単品購入…ご注文完了後すぐ
  • 継続コース…お届け予定日の4日前

変更は〆切を過ぎないように注意しましょう。

定期購入の縛りもなし!

公式サイトは継続購入しかできない?

ベースブレッドは、継続コースだけではなく一回のみお届けも可能です。

ただ、一種類につき2袋〜の注文、一回の注文合計7,000円以下で500円の送料が発生するので、継続コースのまとめ買いがお得です。

ベースブレッドのお得な購入方法

ベースブレッドをよりお得に買える方法を紹介します。

公式サイトでの購入が一番お得

コンビニなどの実店舗でもベースブレッドは買えますが、よりお得に購入するなら公式サイトがおすすめ。

初回は20%オフなのでお得に利用ができます。

定期購入の縛りもなし!

ベースブレッドだけではなく、ベースパスタやベースクッキーもセットになったスターターセットも用意されているので、気軽に試してみてくださいね。

ベースブレッド口コミ・評判まとめ

本記事では、ベースブレッドの特徴や口コミ評判についてくわしく紹介しました。

ベースブレッド口コミ・評判まとめ
  • 一食で必要な栄養素が摂取できる完全栄養食
  • 公式サイトがお得に購入できる
  • ベースブレッドのほか、パスタやクッキーのラインナップもあり
  • ダイエットや筋トレ時の食事に最適

公式サイト、コンビニ、Amazonなどさまざまな場所で販売されているので、気軽に試せます。

ダイエットの置き換え食や、忙しい日の栄養としてぜひ一度試してみてくださいね。

目次